「男女共同参画社会基本法 第5次計画のトリセツを皆川先生に聞く」


「男女共同参画社会基本法 第5次計画のトリセツを皆川先生に聞く」

~男女共同参画政策とは?ー女性政策とジェンダー主流化政策~

日時|3月29日(日)15時〜17時

場所|東京 オフィスパープル(文京区)

内容|

1999年の男女共同参画社会基本法制定から20年、この法律が国に策定を義務づけている「男女共同参画基本計画」も、今年中に予定されている次期計画で第5次となります。

にもかかわらず、世界経済フォーラムが毎年公表しているジェンダーギャップ指数によるランキングで、日本は153カ国中121位(昨年12月公表)と、極めて低いところに位置しています。

男女共同参画社会基本法が日本社会における男女平等実現のためのものであるなら、この法律に疑問をもって当然でしょう。

そのようなもっともな疑問を、この法律と計画にぶつけて考えてみませんか? この法律はその性能を十分に発揮しているのかどうか、次期計画はどのようなものであるべきか、いまさら聞けない基礎から解説します。

講師|皆川満寿美 中央学院大学准教授

参加費|500円

申込み|pjw_admin@pjwnet.jp

※お申込みいただいた方に会場の詳細をお送りします。また、当日来られない場合は、中継を視聴して頂けます。お申込みされた方に中継のご案内をお送りします。

投稿を作成しました 41

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る